私のhoudiniモデリング基本操作の勉強プロセス

こんにちは。Houdini初心者です。

 

まだHoudiniのチュートリアルの一個目をやっています。

それでもいろいろな気づきがあったので、シェアをしていこうと思います。

 

どんなソフトでも最初は何をやっていいか分かりませんよね。

 

そこで、私がどのようにHoudiniにアプローチし始めているかについてお話します。

これを読んで、Houdiniをやってみよう!って思ってもらえたら嬉しいです。

 

全く初めての方はこちらです。↓

続編はこちらです。↓

 

 

Houdiniでまず最初にやったこと:PDFを読む

最初からいじっても面白いと思うのですが、あまりにも膨大なアイコンがあったので、まずは、PDFを読むことから始めました。

▼Houdini Foundation

英語なので最初は一字一句ちゃんと読んでいたのですが。

すぐに記憶力の限界に達して、だんだんとつまらなくなってきたので飛ばし読みし始めました。

重要そうでちゃんと読んだ部分はノートを取ろうと思って取り始めましたので、一部シェアします。

勉強メモ

RADIAL Menus(丸いメニュー)はx、c、v、のショートカットからアクセスできる。

x: snapping

c: Main

V: Views

TAB Menu は、タブを押すと出てくる。

ショートカット

Tumble Spacebar or Alt[Opt] - Left Mouse Butt on [LMB] Pan Spacebar or Alt[Opt] - Middle Mouse Butt on [MMB] Dolly Spacebar or Alt[Opt] - Right Mouse Butt on [RMB]

Home Grid Spacebar + H
Home All Spacebar + A
Home Selected Spacebar + G

 

とノートを取り始めたんですが、多すぎてらちが明かないなと思って、中途半端な状態のまんま、とりあえずチュートリアルを始めました。

サッカーボールを作るチュートリアルがPDFの中盤に載っているのですが、これがすごくわかりやすいです。

 

最初に何とかバーについている何とかってボタンを押して、、、とかどれか全然わからなかったので、時間がかかりましたが、何とか2,3時間くらいでサッカーボールが出来上がりました。

 

Houdiniのプロシージャルモデリングって?

 

何といってもすごいのはプロシージャルという点ですね。これははっきり言ってタイムマシン付きのモデリングができるんですね。

 

あの時、もし、こうしてたら結果はこうなっていたみたいな選択肢が無限にあるとして、それを全部後から試せるということです。

一コマンドずつがノードとして残っているので、それをオンにしたりバイパスしたり自由自在に今まで使ったコマンドをなかったことにしたり有効にしたりできます。

GRASSHOPPERも似たようなことができると思うのですが、さすがに途中のスクリプトをオフにしたら、動かなくなりますよね。

 

これは動くんですね、それがすごいと思います。

HoudiniはFOR_EACHがデフォルトで実装されている

それから、すごいのはFOR_EACHループがデフォルトで実装されているんですね。

これ、ループってGRASSHOPPERで使おうと思ったらHoopsnakesっていうプラグイン(遅い)を使うか、自分でC#とかPYTHONで書くとかになると思うんです。

 

Houdiniはそれを最初から使う想定で作られているのですね。

プログラミングができる人が考えて作ったんだろうと思います。

まだ全然触れてないですけど、戦闘能力の高さを節々に感じます。

Houdiniを使いこなしたら多分Rhinocerosでさえも不自由を感じるかもしれません。

 

これ絶対ヤバイ(パワフルな)ソフトだと思います。

 

それではチュートリアルの途中の具体例を見ていきましょう。

Houdiniチュートリアルのココがすごい!

 

ボックスの各面をextrudeするコマンド(POLYEXTRUDE)があるのですが、使ってみると上のようになります。

それに加えSUBDIVIDEというツールを使うと下記のようにExtrudeした面が滑らかにサブディバイドされるのですね。

これだけだったら普通だと思うのですが、後からExtrudeの値を変えて凹凸を変えたりできるのです。

 

後からEXTRUDEの値変えられるなんてすごく便利!!

 

 

それから、最初のBOXをPlatonicObjectに変えることで例えばサッカーボールのような形をExtrude x Subdivideできます。

この最初の形状を変えられるというのはプロシージャルならではのことだと思います。

 

勉強メモ
Houdiniは最初のジオメトリをそっくり変えても後ろのノードがちゃんと動く!!

 

 

右下のNetworkViewを見てみると、BOXを外してPlatonicObjectに変えているのが分かりますね。

これでもきちんとExtrude x Subdivideが動いているのが素晴らしいところだと思います。

 

これを面ごとにきちんと盛り上がって見えるようにするためにはいくつかのステップを踏まないといけませんでしたが、マニュアル通りにやると割と簡単にできます。

 

Houdiniでサッカーボールを真面目に作る

右下のNetworkViewを参照するといくつかノードが増えているのが分かりますね。

やり方はPDFそのままなので、説明しませんが、いくつかの簡単なステップでできるようになります。

 

サッカーボールってこんな簡単にできるんだ!!

 

簡易的にレンダリングすると下のような感じです。

ライティングが入っていないのであんまり現実味がないレンダリングですが、結構しっとりしている気がします。

 

 

Houdiniのマテリアルはかなりパワフル

これに、マテリアルを張り付けてもっと本物っぽくします。

ここでサッカーボールのマテリアルを張り付ける予定でしたがファイルが見つからなかったので、メタルというマテリアルを張り付けるようにしました。

 

 

なんかUVに対してサッカーボールの各面がパッキングされているのが分かります。

すごく直感的に作業できるのでとてもうれしいです。

 

 

マテリアルを張り付けた後のレンダリング結果です。

ライトを二つ入れてみています。

結構リアルにできたんじゃないかと思っています。

レンダリング時間は15分程度ですね。

勉強メモ
最初の方はゆっくりレンダリングが進むのですが、最後の方は一気にガーって進みました。

Houdiniはアニメーションも簡単!

次はサッカーボールを動かす練習になります。

まずはサッカーボールを歪ませるBENDというノードを使います。

 

すると、サッカーボールがなんと歪むのです!!

 

こんなのあり得ないですよね!

次はサッカーボールを移動させます。

その時に動かせる方向を拘束して、さらにサッカーボールが動きに合わせて回転するようにします。

 

とても簡単なステップでできるようになるのでぜひ試してみてください。

 

 

それが出来たら、いよいよサッカーボールが跳ねるシミュレーションです。

 

軌跡やその時の歪みまで、決めることができるのです。

 

この短時間でこんなに簡単にできるソフトはどうかしていると思います。

 

 

HoudiniでMotionFXを加えてみる

次にノイズを加えるMotion FX(エフェクト)を追加します。

ランダムで動きに抑揚をつけてあげるというようなことです。

 

ノイズは転がっているところだけにつけたいのでamplitudeをいじって跳ねている間は0にします。

ここで、amplitudeのグラフが出なくて困ったのですが、Houdinistの自助グループに相談したら速攻で返信くださった方がいて解決しました。

amplitudeをSHIFT+左クリックすることでグラフを表示させることが出来ました。

これによって、ボールが跳ねている間はノイズを0にすることに成功しました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

プロシージャルって楽しそう!!って思えましたでしょうか。

 

PDFのマニュアル通りに進めるだけで、モデリング、レンダリング、アニメーションができるのが確認できたと思います。

最初はどこに何のボタンがあるのかわからないので手間取る所もあると思いますが、よく探せば見つかるのでぜひチャレンジしてみて下さい。

 

この記事はまた、チュートリアルが進み次第随時更新していこうと思っています。

今後の更新に期待していてください。

 

 

それではまた!!

 

 

続編はこちらです。↓

 

 

おすすめの記事