ライノセラス5あるある解決コマンドや、あったら便利な機能、マニアックなものも含めて計37個の新コマンドが追加されています。
詳細説明が長くなるものについては別ページで解説していますのでリンクを参照ください。
レビューが終わったコマンドから随時更新していく予定です。

Grasshopper

グラスホッパーを起動
 
タイプするのが面倒な人はこのボタンを押せばグラスホッパーを起動できます。

Isolate

オブジェクトを分離(表示)オブジェクトを分離解除(表示)詳細解説

IsolateLock

オブジェクトを分離(ロック)オブジェクトを分離解除(ロック)詳細解説

Selpicture

ピクチャーを選択

pictureコマンドで張り込んだピクチャーが全てセレクトされます。

SelPlanarSrf

平面サーフェスを選択

平面のサーフェスのみが全て選択されます。3次元サーフェスは選択されません。サーフェスの判別に便利が良いかもしれませんね。

Selkey

ユーザーテキストのキーで選択詳細解説

Selvalue

ユーザーテキストの値で選択

selkeyの値で、オブジェクトを選択できるコマンドです。詳しくはselkeyを参照してください。

Selkeyvalue

ユーザーテキストのキー及び値で選択

selkeyのキーと値を入力して、オブジェクトを選択できるコマンドです。詳しくはselkeyを参照してください。

SelPlanarCrv

平面曲線を選択

平面上にある曲線を全て拾うコマンドです。平らかどうかの選別が簡単にできます。

SelControlPointRegion

制御点領域を選択解説

SelVolumeObject

閉じた体積で選択解説

SubCrv

サブ曲線を選択

InfinitePlane

無限平面を使用

SelFence

フェンスを使用して選択

DragStrength

グローバルドラッグ強度を設定

Parabola3Pt

放物線を3点から作成

Catenary

カテナリー曲線

AddGuide

ガイド線を追加、ガイド線を削除

Distribute

オブジェクトを等間隔に配置

OneView

1ビューポートモード

ShowEnds

曲線の端点を表示、曲線の端点表示をオフ

ChangeSpace

オブジェクト空間を変更

SystemInfo

システム情報を取得

MoveExtractedIsocurve

抽出されたアイソカーブを移動

OffsetMultiple

オフセット(複数)

SelControlPoint

制御点を選択

RemoveAllNakedMicroEdges

極小オープンエッジを削除

GumballAutoReset

ガムボールを毎回使用後にリセット

CopyHole

平面サーフェスの穴をコピー

ShowDir

オブジェクトの方向を表示、オブジェクトの方向表示を閉じる

FilletEdge

編集_Fillet Edge

Notifications

通知パネルをトグル

AddNgonsToMesh

Ngonsをメッシュに追加

DeleteMeshNgons

Ngonsをメッシュから削除

Thickness

厚みを適用

DevLoft

2曲線から可展ロフトを作成

MeshFromLines

3つまたはそれ以上の線からメッシュを作成

スポンサーリンク
おすすめの記事