VR建築コンテストに参加してみる

​第0回「VR建築」コンテストに参加してみました。ギリギリでの提出です。ザックリと説明すると、家をデザインしてunity経由でVRに入れてみんなで見ようという様な感じの企画のようです。11月中であれば間に合うので、是非皆さん参加してみて下さい。

私は、取り合えず、VRに入れる過程を体験してみたかったこともあり、参加してみました。やり方が丁寧に解説されているサイトが公式ホームページからリンクで存在するので、初めてでしたが迷わずに提出出来ました。Rhinocerosから吐き出してから、提出するまで、3時間程度かかりました。Unityの特定のバージョンをインストールする所が一番時間がかかりました。

まずはライノでモデリングしました。これは結構時間かけてコンセプトから練っています。お題は家なのですが、家にもいろいろバリエーションがあってよいだろうと思い、彫刻的な家にしてみました。

Vrayでマテリアルを張り付けてレンダリングすると、こんな感じです。シャンパンゴールドとクロームとオレンジのメタリックっぽいマテリアルを張り付けています。

Unityに入れるとマテリアルが引き継がれないので、もう一度設定する必要があります。頑張って調整してみましたが、少し心残りな結果になってしまいました。これは完全に私の力不足です。UNITYマテリアルの使い方が分かってないせいだと思います。

アセットをダウンロードして空を入れたり、いろいろすることがありました。最後はプレファブ化してフォルダごとEXPORTして、提出ファイルを作成しました。それからスクショと、説明のボードを作成する必要があります。全部をフォルダに集めて圧縮して提出です。

Unityでの作業がきちんとできているか少し心配です。運営の方がモデルをVRに入れて頂けるようなので、VRになったら是非見てみたいと思います!

スポンサーリンク
おすすめの記事